Category Archives: Taiwan Life

台湾旅行から台湾留学、その後の暮らしで考えたことを書いています。

フリーランスが仕事を引き受ける時の 3 ステップ。

フリーランスになって 3 年が過ぎた。先日、これまでにお仕事をしたクライアントさんの数を数えてみたら 15 社になっていた。内容も、編集、ライター、翻訳、校正、コーディネート、WEB 運営と多岐にわたり、必要なスキルもそ Read More →

広がれ上映の輪! 台湾映画『太陽の子』、台北上映会に参加して。

161020

2016 年 10 月 19 日夜、台北の交流協会ホールで、1 本の台湾映画が日本語字幕付きで上映された。タイトルを『太陽の子』(原題:太陽的孩子)という。中国語字幕ではすでに観ていた作品だったけれど、日本語字幕をぜひ観 Read More →

新連載「たいわんの本屋」が始まりました。

160622

台湾在住 4 年目も間近となって、新しいお仕事のお披露目を迎えました。台湾の本屋さんを取材して歩き、レポートする WEB 連載です。 タイトルは「たいわんの本屋」。各地の本屋さんにお邪魔しながら、いろいろな本の姿を見て、 Read More →

上阪徹のブックライター塾に参加してきました。

160618

先日、講談社のサイト「現代ビジネス」に 1 本の原稿が載りました。タイトルは「135 万部のベストセラー『嫌われる勇気』はこうして生まれた~構想 16 年、初版 8000 部からの挑戦」です。 東京で行われたこのインタビ Read More →

2016台湾総統選挙当日に印象深かった2人の女性のこと。

Jpeg

大きな変化の中にいる、と思わずにいられない。2016 年 1 月 16 日は台湾総統選挙が行われた。結果はご承知の通り、蔡英文が率いる民進党の圧倒的な勝利だった。それまで政権を握っていた国民党の候補者、朱立倫は完膚なきま Read More →

台湾映画《百日告別》に観る、死の存在を知るということ。

20151204

死はいずれは誰しもに訪れるもの。その点では公平で平等なのだけれど、大きな違いがある。それは死へのプロセスだ。死産、病死、自死、過労死、事故死、爆死、戦死、殺人…自死のほかは自分で自分の死を選択できない、というのはやはり人 Read More →

金鐘獎で3部門受賞の台湾ドラマ《16個夏天》を観る。

Jpeg

台湾には、3つの大きな賞レースがあることはよく知られている。一つは 6 月末に発表される音楽アワード「金曲獎」、二つめは 9 月下旬に発表されるテレビアワード「金鐘獎」、三つめは 11 月下旬に発表される映画アワード「金 Read More →

《我的少女時代》があの台湾映画よりも日本で売れる気がする理由。

151130

台湾では、人気のない映画と判断されるや否や、パッと上映作品から取り下げられてしまう。その浮き沈みを日々見ている台北の劇場で働く従姉妹が「すっごいおもしろかったし、人気だよ」と言った作品が《我的小女時代》だ。8 月中旬に初 Read More →