台湾の交通から日本を知る

sign

上の写真は通勤の際に通る小さな交差点にあって、見るたびに(どっちやねん!)とツッコミを入れていた信号。「〜ていた」と書いたのは、撮影した翌々日に修理されたから。ちゃんと直したことにホッとした。だが、台湾で暮らしていると、ヒヤヒヤしたことはたくさんある。日本では歩行者優先で、交差点でも細い路地でも大手を振って歩けるけれど、台湾では違う。道路を渡る際は本当にしっかり左右を確認しないと危険だ。実際、交通事故は多い。お互いが譲らずに発生した小さな接触など、街中でよく見かける。一度は、乗っていたタクシーがバイクと接触し、大げんかに発展した。その時は急いでいたからすぐに降りて、別の車に乗り換えるように運転手さんに言われた。事故に巻き込まれたとき、言葉ができないと一気に劣勢に立たされる。旅行の際にはくれぐれも注意してほしい。

台北はバスネットワークがすごい

さて、留学中にクラスメイトたちと話していてわかったのだけれど、外国人にとって東京の鉄道網はハードルが高いらしい。JRと地下鉄が一緒になった路線図を見せたら、悲鳴が上がるほどに。大哥の従姉妹が韓国を旅行しているとき、LINEで「地下鉄が複雑すぎる!」と嘆くので、東京の鉄道網の画像を送ったら、「東京には行けない!」と言うほどだった。だけど、反対に外国人から見れば台湾にだって巨大な交通網がある。それはバスだ。

旅行で来た時から、いつか乗りこなしたいと考えていたのは、バスだった。あちこちにバス停はあるし、なんだか電光掲示板もあって、便利そうだと思っていた。ただ、乗り方もよくわからないし、どこに連れて行かれるかよくわからない。そんなこんなで乗りそびれていた。

現地の友達に連れられて初めて乗ったのは、台湾に来てから。
「先に悠遊卡をタッチするバスと、降りる時にタッチするバスがあるからね」
「乗ったらすぐにどこかに捕まって。危ないから」
「下車するバス停が近づいたら、運転手さんの横に行くくらい準備して」
と、いくつかの注意事項をクリアして、下車した時はやったー!と叫びたい気分だった。

大きな道路のバス停には電光掲示板が配備されていて、自分の乗りたい路線のバスがあと何分で来るか確認できる。よく知られるのは、路線の番号を入れると、バスがいまどこにいるか即座にわかる、というアプリ。台湾の人はたいてい、このアプリをスマホに入れている。ただ、残念ながらこのアプリ、行き先がどの番号の路線にあるのかわかってないと意味がない。これは反対にいうと、駅探などのアプリも、外国人には使いづらいだろうな、ということ。東京オリンピックでは、Wi-Fiもだけど、こういう移動の手段をどう提供するのかだって大問題だろうなあとふと思った。だが台湾では、どうやらすごい機能をもったアプリがあるらしい。旅行者向けに使えるかどうか、研究する予定。少々お待ちを。

50ではなく125

もう一つ、よく知られるのはバイクの多さだ。MRTが発達してきたのも比較的最近のことで、コンパクトな台北では、車よりもバイクのほうが小回りが効き、渋滞もお構いなしで、とても便利。日本でよく乗られるバイクは50CCだけれど、台湾のバイクは125CC。二人乗りが可能で、時には子どもを乗せて3人で乗っているのを見かける。

交差点を曲がる時は、おおよそ二段階で曲がる。交差点の最前列に四角い枠が書かれているのは、その二段階で曲がろうとしているバイク用の場所。直線で来る人たちとは違う枠になっている。

台北の夏は特に雨が多いが、雨が降っても、バイク乗りはお構いなし。すぐに合羽をひっかけて乗る。オモシロいのは、結構な確率で上着を前後ろ逆で着ている人がいること。大哥に聞いたら「風が入ってこないでしょ?」とのこと。スタイルよりも実利をとる、のかも。

各交差点の駐輪場所には、ずらりとバイクが並ぶ。細い路地裏にも、あちこちにバイクが置かれていて、台湾の人たちの足として活躍している、ということがよくわかる。

縦列駐車は必須スキル

すらりと並ぶといえば、やはり車だ。バイクの駐輪場はさほどでもないが、車を止めるスペースはとても限られている。だからだろうけれど、ものすごい間隔で駐車されている。10センチなら空いているほうかもしれない。そう、特に台北で車を運転する人に欠かせないスキルが、縦列駐車だ。びっしり、という表現がピッタリだと思うくらい、縦に長い列ができている。これだって、台北名物といえるんじゃないだろうか。

場所がないから仕方ないんだよ、台湾は小さいからね、と台湾の人は言う。最初聞いたとき、え、日本だって小さいよ、と答えたら、なーに言ってるの、日本は大きいじゃない!と笑われた。全体が九州ほどの大きさとなればそう見えるのだ、と気づいてハッとした。

日本にいた時に、日本が大きい国だと思ったことがなかった。いつも、アメリカやロシア、中国と比較してその大きさを考えていたからかもしれない。土地があるアメリカやロシアでは車のネットワークが発達し、渋滞も結構深刻な問題になっていると聞く。中国では、経済発展と交通網の発達にあわせるかのようにして、自転車の大群が見られなくなってきた。台湾で、バイクや自転車、バスといった、なんだか気軽な乗り物が充実しているのは、やっぱりそのサイズに関係するのだろう。

そろそろ、台北にはMRTの新しい路線ができる。「選挙が近いから、11月中には開業するだろうね。だけど、無理して開業するからきっとトラブルが相次ぐ。しばらく新しい路線に乗るのは避けておいたほうがいいよ」とは、台北人からのアドバイスだ。ううむ、わたしは行きたいのだけれどなあ。

Post Navigation