Tag Archives: わからない

みうらじゅん著『「ない仕事」の作り方』に見るプロデュースの本質。

「ない仕事」の作り方 長年のナゾが解けた--読み終えてそんな気分だった。『「ない仕事」の作り方』がそれである。ナゾといっても(髪の長いこのオジさん、よく見かけるけど、いったいどういう人なんだろうなあ)とぼんやり思っていた Read More →

蛭子能収『ひとりぼっちを笑うな』に見る人の奥深さ。

Jpeg

最初にいつ目にしたのか忘れてしまったが、なんだかいいタイトルだなあ、と思っていた。蛭子さんの『ひとりぼっちを笑うな』がそれである。 いつの頃からかテレビに登場していて、顔も名前も知っている漫画家なのだけれど、その作品は一 Read More →

クラウドで「ルワンダ大虐殺で足を失った100人に義足と杖を届けたい!」を応援したい理由。

151031

また違ったお金の話。前回は自分がお金を稼ぐにあたって、どんなことを感じるのか、これから整理しなきゃいけないことはなんなのか、という角度からの話だったのだけれど、今回は稼いだお金をどう使うか、そのお金はどうなっていくのか、 Read More →

1年弱、通いながら考えた「養生」の意味と目的と人生の関係について。

Jpeg

台湾に来てから、ほぼ月に一度、風邪を引いていた。熱は38度超えのフラフラモードで、水を飲んでしのぐくらいしかできず、体力がどんどんと落ちている気がしていた。大哥と結婚してしばらくした頃、義妹に「気功やってみない?」と誘わ Read More →

開設 1 年を迎えて、改めて「書く」ということについて考える。

151012

台湾は 10 月 9 日から 11 日まで国慶節で三連休、日本は 10 月 10 日から 12 日まで体育の日で三連休。この 1 日のズレは結局、ぜーんぶ前倒しに、ということになり、そうでなくても大物を抱えていた 10 Read More →

フリーランス仕事にどこで線を引いているか問題。

フリーランスになってわかったことだけれど、この仕事は実にいろいろな角度から依頼が来る。内容は、以前にもやったことがあるものから、なんの経験もないものまでさまざまだ。「やったことがないから」と断っていたら仕事は無くなるし、 Read More →

誤解と理解のあいだ

learn

台湾に留学してからこっち、ずっと感じていることがある。それは、わからないのはなんだかラクだ、ということ。わからなくてもいい、許されている。それが心地いい。結局、一人では生きられず、人のあいだにいて、大勢の人たちにお世話に Read More →

留学スランプと頭の切り替え

mazu

留学前、高打率で言われたのは「1 年なんてあっという間だよ」ということだ。真理だった。2013 年の 8 月 15 日は台湾に到着した日で、2014 年の 8 月 15 日は授業の最終日、その間に 5 冊の教科書を終えた Read More →