Tag Archives: ライター・取材執筆

フリーランスを会社に置き換えて考えてみる。

フリーランスになって 3 年。振り返って、自分の未熟さを披瀝することばかりヤラかしてきた。会社員ではないという働き方の試行錯誤は今も続いている。一方で、少しずつ見えてきたこともある。この間に大いに学んだことの一つは、特定 Read More →

フリーランスが仕事を引き受ける時の 3 ステップ。

フリーランスになって 3 年が過ぎた。先日、これまでにお仕事をしたクライアントさんの数を数えてみたら 15 社になっていた。内容も、編集、ライター、翻訳、校正、コーディネート、WEB 運営と多岐にわたり、必要なスキルもそ Read More →

上阪徹のブックライター塾に参加してきました。

160618

先日、講談社のサイト「現代ビジネス」に 1 本の原稿が載りました。タイトルは「135 万部のベストセラー『嫌われる勇気』はこうして生まれた~構想 16 年、初版 8000 部からの挑戦」です。 東京で行われたこのインタビ Read More →

発注者も受注者も考えなきゃいけないライター仕事のお金の話。

Jpeg

このところ、2 つだけど1 つ、みたいなことで、悶々としている。 1) 原稿の納品を終えたのだが、音沙汰がない。意を決して版元の編集担当者に原稿料のことを訊ねたら、編集を委託している外部編集者から連絡が行くことになってい Read More →

『職業、ブックライター。』を読んで考える新語のよさ

職業、ブックライター。 毎月1冊10万字書く私の方法 著者の上阪徹さんのことは、振り返ればずいぶん前から存じ上げていた。いつだったかもはや覚えていないのだけれど、『プロ論。』シリーズのうち最初の 1 冊を買って、仕事に向 Read More →

開設 1 年を迎えて、改めて「書く」ということについて考える。

151012

台湾は 10 月 9 日から 11 日まで国慶節で三連休、日本は 10 月 10 日から 12 日まで体育の日で三連休。この 1 日のズレは結局、ぜーんぶ前倒しに、ということになり、そうでなくても大物を抱えていた 10 Read More →

ライターに必要なのはSEO対応よりサイト運営の経験だ。

Jpeg

いまや、世の中を検索する時代に突入した。自分もそう。Googleは最も身近でお気軽な辞書と化し、なんでもかんでもすぐググる。昔の言葉を借りれば「1億総検索時代」。そんな中、新しいサイトやサービスが次々と立ち上がり、そこに Read More →

文字系フリーランスがスキルを磨くためのいくつかの方法。

Jpeg

仕事上でのスキルアップというと資格の有無に目線がいきがちだ。だから、あまり意識されないことかもしれないけれど、フリーランスの立場になってわかった日常的なスキルアップの機会というのがある。 それは、会社組織で複数の人間が集 Read More →

Post Navigation