Tag Archives: ライター・取材執筆

5月23日は、台湾在住ライターの企画案が採用された記念日。

人生には時折、まるで映画「十戒」でモーセが海を割ったシーンみたいに道が拓けることがある。7年前、台湾に来る時もそうだった。台湾で最初の連載が始まった時もそう。今回もまた、それを思わせる場面に遭遇した。 2016年に台湾か Read More →

『& Premium』で新コラム、始まってます。

雑誌『& Premium』2019年1月号から1年間、「見る読む手にする台湾雑誌」と題して全12回、連載コラムを担当させていただいた。タイトル通り、台湾の雑誌を毎月1冊、紹介するというコラム。12冊よりもっとたく Read More →

初イベント「物書きトーク」で話してきました。

2019年5月5日、初めてトークに出させていただいた。このイベントは、片倉佳史さん真理さんご夫妻が「台湾探見・探索日本」と銘打って16日もの間、歴史あり、マッサージあり、歌あり、鉄道あり、原住民ありと台湾ならではのバリエ Read More →

【台湾にある物語】Meander1948

台湾の暮らしや文化を紹介するコーナーを担当するようになって、取材のたびにお話を聞くものの、なかなか記事には含められない、でも、ちょっと話したい、そんなアレコレを「台湾にある物語」として紹介していくことにした。初回は「台湾 Read More →

「たいわんの本屋」のその後。——コラムは閉じれど続く旅。

ポプラ社Web*astaさんのコラム「たいわんの本屋」、このたびコラムそのものを終えることにしました。連載開始から応援してくださっていた方々、本当にありがとうございました。お礼とともに、場外での最終回をお届けします。 コ Read More →

今さらですが、執筆テーマを決めました。

ライターとしての最初のお仕事をいただいたのは、2013年のこと。当時は台湾に来たばかりで、右も左もわからない状態だったのに「田中さんが書くとおもしろそうだから」という(私には)よくわからない理由で始まった。すでに知人だっ Read More →

台湾在住ライターがツイッターを卒業した話。

SNSがどうにも苦手だ。 mixiに始まり、SNSなるものを使い始めてずいぶん経つのに、未だにどうしたらいいのかよくわからない。思いつきでどわーっと書いたり、まったくつぶやかなかったり、を繰り返して気づけばツイッターのア Read More →

上阪徹著『超スピード文章術』で知る〝二度手間〟問題の解決法

(ああ、原稿加筆の指示か……片付けた資料を、また開いて調べなきゃいけないじゃん。ってか、最初からこれも含めて書いてくれって言われれば、この二度手間なくなるのに。まったくー! 調べ直しって、めっちゃ時間かかるんですけど) Read More →

Post Navigation