2016台湾総統選挙当日に印象深かった2人の女性のこと。

Jpeg

大きな変化の中にいる、と思わずにいられない。2016 年 1 月 16 日は台湾総統選挙が行われた。結果はご承知の通り、蔡英文が率いる民進党の圧倒的な勝利だった。それまで政権を握っていた国民党の候補者、朱立倫は完膚なきまでに叩きのめされ、早々と敗北を宣言した。

この日の朝は、大哥について投票所となっている近所の小学校へ向かった。マンションの入り口でお隣さん家族に会う。「投票行った? うちは今、終わって戻ってきたところだよ」と旦那さんが言う。「これからです」と答えて会場へ向かった。着いてみると、訪れた人たちが学校のアチコチでおしゃべりしていて、ざわついている。投票が始まってだいぶ経つというのに、投票箱の設置されている教室には、長い行列ができていた。彼が投票を終え、校門を出ると、介護タクシーがちょうど車椅子用のリフトを車内に戻しているところだった。そういえば車椅子のおばあちゃんとすれ違ったのを思い出した。

それでも終わってみると「台湾史上最低の投票率」だった。各種報道では 66.72 %という数字が伝えられている。だが、この数字を日本で見るなら、2009 年の衆議院選挙で鳩山由紀夫率いる民主党が大勝し、308 議席を獲得したあのときの投票率が 69.28 %だった。台湾の史上最低と、政界再編だと盛り上がりを見せた回の数字が互角という違いを思わざるを得ない。

今回の選挙当日、印象に残ったのは 2 人の女性だった。

 

スポンサーリンク


 

1 人はそのまんまだけど、台湾の新しい総統、蔡英文さんだ。

台湾大学法学部を卒業し、アメリカのコーネル大学で修士を、英国ロンドン大学ロンドン政治経済学院(LSE)で博士号を取得した才女だ。李登輝総統の時代に、政治大学などで教鞭をとりながら行政院の顧問を務め、台湾の GATT(General Agreement on Tariffs and Trade、関税及び貿易に関する一般協定)や WTO(World Trade Organization、世界貿易機関)加盟に尽力したという。行政院勤務を経て2004年に政治家へ転身。立法院の委員となり、時の陳水扁政権下で次第に頭角を表した。

端的にいえば、法律をしっかりと勉強し、それが実行される場所に勤めてから、法律を作る側に回った、ということになる。ポッと出ではない堅実の人と見て取れる。

民進党の主席(代表)となって 2012 年に出馬した総統選挙では、国民党の馬英九氏に 80 万票差で敗れ、責任を取って辞任。再度、主席になったのは 2014 年のこと。今回の選挙では政策として、若者の失業問題の解決や起業推進、住宅や年金改革などを盛り込んだ「5 大政治改革」を掲げた。支持基盤の政党からの得票だけでなく、若年層の票を獲得したとみられる。

大勝して総統に就任したものの、当選後のスピーチは緊張した面持ちだった。スピーチの全文を読みながら(すっげーな)とため息が出る。

投票是一天,選舉是幾個月,不過,改變這個國家,卻是每一天都必須持續的工作。今天晚上,我們可以慶祝,各位可以高高興興的慶祝。明天太陽升起的時候,我們就要為這個國家,負起改革的責任。
訳:投票は 1 日、選挙は数か月のことですが、この国の改革はこれからも続きます。今日の夜、わたしたちも、皆さんも喜びの杯を傾けて構いません。ただ明日、朝日が昇った時にはこの国を改革する責任を引き受けねばならないのです。

クール過ぎると言われることを本人が認めるほど淡々としたその口調に、決意がにじみ出るスピーチだった。単純に当選に喜んでいる場合ではない、そんな覚悟のようなものが伝わってきた。

参考)當選總統 蔡英文晚會致詞全文

もう 1 人は、計らずも大きな風を吹き込んだ女性だ。年齢は 16 歳。韓国の人気グループ TWICE のメンバーで台湾人の、ツウィ(周子瑜)という。

出演番組で、韓国と台湾の国旗を振った。言ってみれば、それだけのことだった。でもそう言えるのは、わたしがやっぱり日本人だからなのだろう。事態は思わぬ展開を見せた。

その姿がテレビで流れるや、中国で活躍する台湾出身のアーティストが「彼女は台湾独立を支持している」と SNS に投稿。彼女の所属する会社のサイトは中国のファンからバッシングに遭う。そして挙げ句の果てに、選挙当日の台湾のニュースチャンネルでは、彼女が憔悴した表情で深々と頭を下げ、謝罪文を読み上げる姿が繰り返し流された。たった一人で「中国は一つです」と彼女が語る姿に、わたしの理解は追いつかずにいた。

参考)ハフポ記事【ツウィ謝罪事件】 韓国ユニットTWICEの周子瑜が台湾総統選で議論に

謝罪動画が大きく報道されたのは、何しろ選挙当日のことだ。現総統の馬英九や、総統戦の候補者が次々とこの件に言及していく。それはある意味で衝撃だった。なんてことのなかった映像が、台湾の直面する課題の重さを日本人であるわたしにもはっきりと認識させるほどだったのだから。同時に、新総統のかじ取りがいかに難しいものであるかを垣間見た気がした。

改めて、蔡新総統の当選後のスピーチに戻ろう。彼女はこう述べている。

今天的選舉結果,是向世界證明,台灣人就是自由人,台灣人就是民主人。只要我當總統的一天,我會努力,讓我的國民,沒有一個人必須為他們的認同道歉。
訳:今日の選挙の結果は、世界に向けて台湾人は自由であり、民主的であることを証明するものです。総統になったその日から、国民が誰一人としてこの問題で謝罪することのないよう努力してまいります。

原文にある「認同」をどう解釈すればいいのだろう。認同は英訳すると「identify」。ここでは便宜的に「この問題で」とお茶を濁したが、直前の会見でも触れたようにツウィ事件のことを指しているのか、それとも根底に流れている国家の枠組みのことを意味しているのか、わたしには確たる判断ができないままだ。

ただ、いずれにしても、16 歳の少女に背負わせる流れには賛同できない。あまりに重すぎる。彼女の傷がこれ以上深くならぬよう、彼女に 1 日も早く笑顔が戻るよう願うばかりだ。

現在の馬英九総統から、台湾で初めての女性総統、蔡英文女史に交代するのは 5 月 20 日。

 

スポンサーリンク


 

Post Navigation