台湾の国際結婚と日本人女性の関係

yuexia少し前に《接接在日本》(邦題:台湾から嫁にきまして。)が同僚たちとの間で話題になった。イラストはほのぼのしているが、デザインはキッチリしていて、日本への視点がオモシロく、読み応えのあるイラストエッセイだ。日本では 1 冊しか出ていないけれど、台湾ではシリーズで 3 冊めまで発売されている。ドラマ化もされた『ダーリンは外国人』とは逆の視点だというのも、また読み応えに影響していたのかもしれない。両者がオモシロいのは、文化や風習の違いは、視点の違いにもつながっていて、(そんなモノの見方するんだ!)という驚きをもっているからなのだろう。

 

スポンサーリンク


 

国際結婚といえば、またまたこんなデータを見つけた。ニッセイといえば保険と川柳だけれど、実はいろいろな基礎研究をやっている。日本人の結婚のうち、国際結婚の比率があがっている、というお話だ。最初は、国際結婚数自体が増えているわけではなく、総数が減っているから相対的に国際結婚が増えてるだけじゃないの?と思ったら、違った。実際に国際結婚の件数が増えている、というものだった。

「未婚化・晩婚化の一方で、国際結婚は増えている?」

国際結婚が増えているのは、海外に出ている人が増えていることと連動しているんじゃないだろうか。留学や青年海外協力隊などは減っているけれど、企業の海外進出は増えている。そのあたりとの連動で考えると、もうちょっと違うデータの読み方があるかもしれない。

ちなみに、国勢調査のデータから、国際結婚の数字を拾おうと思って統計局のサイトを見てみたのだけれど、わかりにくすぎて、たどり着けなかった。外国人統計は楽なのになあ。探し方にもコツがあるんだろうけれど、挫折した。構造がわかりにくすぎる。

 

スポンサーリンク


 

さて、台湾の国際結婚はどうなっているのだろう。今度は、台湾のデータにあたってみた。

     総婚姻数   外国籍  日本合計 日本人夫 日本人妻
2010   277,638   8,169  855   648   207
2011   330,654   8,053  950   716   234
2012   286,768   7,887  862   660   202
2013   295,272   7,950  862   609   253
2014   218,124   6,358  619   448   171
内政部統計月報・國籍別結離婚登記。2014年は9月現在のデータ

ざっくり言って、年間約 3 %が国際結婚という割合だ。そのうち 1 割が日本人で、うち 4 分の 1 が日本人女性ということになる。実はわたしの周りには、台湾人男性と結婚した日本人女性が多い。だから勝手に、そういう人が多いもんだと思っていたら、日本人男性が台湾人女性と結婚するケースのほうが多いことがわかった。そうかー。

そうそう、最近、彼女たちと話していてみんな同じ理由で旦那さんとケンカしたことがある、ということがわかってきた。改めて書くけれど、これがなかなか根が深い、んである。

台湾から嫁にきまして。

新品価格
¥1,296から
(2014/11/7 11:54時点)

 

One Thought on “台湾の国際結婚と日本人女性の関係

  1. Pingback: 台湾の披露宴マナーあれこれ | フリーランスな台湾暮らし

Post Navigation