台湾旅で読めると楽しい!漢字集

kanban
台湾を旅行中、街をぶらぶら歩いていると、目がチカチカするくらい漢字が飛び込んでくる。見てすぐに理解できるものから、あれ?と思うものまでいろいろ。たいていはお店の名前だったり、モノの名前だったりするんだけれど、その意味するところを知ると、旅がもっと楽しめるかも、と思った単語を並べてみよう。ここにあげたのは、特に台北市内で頻繁に見かけるものばかり。あの有名店からえ?これ日本?と思うものまで。取り上げた量は少ないけれどご参考まで。

沙龍  サロンの当て字。美容院。
布列德 ブレッドと読む。パン屋チェーン店。
當鋪  質屋。日本の消費者金融にあたる。

麥當勞 マクドナルドと読む。看板は同じなので、漢字を探してみて。
全家  ファミリーマート。なんとなく(ほぅ…)と唸りました。

八方雲集 餃子屋のチェーン店。
甜不辣  てんぷら、と読みます。日本でいうさつま揚げのこと。
餛飩   ワンタン。中国語の音はふんとぅん。
豆漿   意味は豆乳だけど、朝ご飯屋さんを指すことが多い。
關東煮  おでん。いつも(関西にもあるんだけど)と思っちゃう。
黑輪   これもおでん。同じ意味。
麵線   台湾式煮麺のこと。素麺。
烏龍麵  ウーロン茶で煮込んだ麺ではなく、うどんのこと。
滷味   るーうぇいと読む台湾式煮込み。汁無しおでんみたいな。つまみによい。

芒果   マンゴー。ちなみにマンゴーの旬は夏です。
鳳梨酥  パイナップルケーキ。お土産の定番。

書いていたら、なんだか食べ物ばかりになってしまった。食いしん坊としては致し方無し。もちろん、ほかにもいろいろあるんだけれど、(あ、そういう意味だったんだ)と思ったものをあげてみた。

個人的にいちばん衝撃的だったのは烏龍麵=うどん。実はそれまで正体がよくわかっておらず、風邪を引いたときに、小哥が「なんか食うか」と言うので「麺がいい。あったかいの」とリクエストして買ってきてくれたんだけど、見た瞬間に目がテンになった。「うーろんめん」と言うので、音から勝手に(茶葉を使って煮た麺のことかなあ。よーわからんが、ま、いっか)と思っていたわたしもわたしだけれど。

日本では見かけることのない、たくさんの漢字に出逢うのは台湾旅のオモシロさの一つ。街にあふれる看板も、楽しんでいただけますように。

Post Navigation