台湾旅行中のお金、さていくら?

qian

海外旅行前にたいてい悩むことの一つに、いったい旅行期間中に必要なお金はいくらで、いくら準備すればいいのか、ということがある。実際、初めて台湾に来ることになった友人知人に聞かれることだ。金銭感覚はその人のものなので、どうにも「じゃ、このくらいで」なんて言いにくいのだけれど、参考までに書いておこう。ただ、あくまでも「わたしならこのくらい」という金額を示すだけで、「絶対これなら大丈夫です!」と言い切れることではない。読んで参考にしたのに違った!とか文句言わないでねー。「文句言わない」って方のみ、読み進めてください。

お土産を除いた 1 日の予算は

ズバリ 5,000 円だ。ただし、この中にはお土産や買い物の予算は含まれていない。これでもわたしならきっと余ると思う。10,000 円なら、CD や DVD を買うとか、茶器を買うとか、洋服を作るとか、自分へのちょっと高めのお土産まで現金払いでするイメージ。

どんな種類のお金か

実は T/C(トラベラーズチェック)って、人生最初の海外旅行でしか使ったことがない。だから海外で持ち歩いたのは、現金とクレジットカードのみ。台北ではお金はほとんど現金で持ち歩いていた。靴を買ったときと夜に食事した有名レストランでカード使ったけれど、それ以外はほとんど現金で動いていた。というのも、昼間はほとんどクレジットカードを使えない場所を歩いていたから。チェーン店やデパートならカードはもちろん使えるけれど、それ以外はカードが通用しないことが多い。買い物や食事の前に、お財布と相談して、カードが使えるかどうかはきちんとチェックすること。

たとえば朝ご飯屋に行き、昼間は街をそぞろ歩き、夜は有名レストラン、移動はほぼ MRT という動き方なら、レストランをカード利用で現金は 5,000 円あれば十分まかなえる。ただし、九份から混雑がひどく疲れきって友達とタクシーで帰った時は、カード使えたけど結構な金額だった。贅沢な旅だったなあ(遠い目)。

では、台北の生活コストは?

台湾の首都・台北で暮らしていてさえも、その基本的な生活コストがどれほど違うか、日々感じている。NTD25,000 元あれば、かつかつだけど生きていける。30 日で割ると 1 日あたり 833 元、日本円に換算すると JPY2,500 円くらい。つまり、JPY5,000 円はその倍の金額ってことだ。ただ、旅行でかつかつにするのも楽しくないし、余裕を持って考えるとそのくらいじゃないかと思うのだ。実際の金額を参考までにあげておく。正確なレートはあるけれど、だいたい 3 倍が日本円、と思っていればいい。ただ、実際の物価感覚とはかけ離れているので、ご注意を。

MRT    20 元〜
タクシー  70 元〜 11 時以降の夜間料金は+20 元
朝ご飯屋  50 元〜 豆漿 25 元、蛋餅 25 元で計算
カフェ  150 元〜 おしゃれカフェのほうが若干高い

以上、シブチンの目安でした。あ、あと台湾元ご使用の際の注意点。500 元札と 1,000 元札は色が似ているので、差し出す時に確認してください。一度間違えて大損したことがある。交渉する語学力もなく、泣く泣く引き下がったけれど、あれはイタかった…

Post Navigation